海外SEOを深掘り解説【初学者向け】メリット・デメリットや注意点も紹介

海外SEO対策は何から始めたらいいか、分からなくて困っていませんか? 海外SEOという言葉のイメージから、日本のSEOと違うイメージを持ってしまい、具体的なイメージがつきにくいですよね。

今回は上記の悩みを解決するために、

  • 海外SEOの概要
  • 海外と日本のSEOの相違点
  • 海外SEOのメリットやデメリット
  • 海外SEOの具体的な方法
  • 海外SEOならではの注意点
  • 海外SEOの設定後に意識すべきポイント

などについて紹介します。海外SEOが初めての人でも、理解しやすいようにまとめました。本記事を参考にして海外SEO対策を万全に行い、海外マーケティングへ進出しましょう。

海外SEOとは

海外SEOは日本と異なり、ターゲットとしている国が異なることから生じる手法です。具体的には、ただ翻訳してコンテンツを掲載すれば良いのではなく、コンテンツの質を高めていくのが大切となります。特に、海外へ事業展開を視野に入れている事業は、海外SEO対策が必須です。

日本と海外のSEOの相違点

日本と海外のSEOの相違点は、ターゲットとする国が異なる部分です。なぜなら、日本のSEO は日本語で書かれたものに対し、海外のSEOは外国語で記入されているからです。同じインターネット上のユーザーに対してコンテンツを発信している点は同じですが、各国の言語に合わせて、適切なコンテンツを提供する必要があります。海外へ発信したい場合は、海外SEO対策を行うのが大切です。日本と海外のSEOの違いについて、認識を深めましょう。

海外SEOの考え方

海外 SEOは、ただ翻訳してコンテンツを掲載すれば良いのではありません。理由は、読みやすくて理解やすいコンテンツの質が求められるからです。具体的には、現地の言葉へ翻訳するのは大切ですが、コンテンツの質が悪いとSEO対策としては、的確な翻訳でも不十分という結果になります。海外SEOの大前提として、コンテンツの質を高めるのが重要です。海外SEOの考え方は、基本的には日本のSEO対策と似ていると考えられます。

海外SEOが必要な理由

海外SEOは、海外への事業展開を視野に入れている企業は必要です。なぜなら、ECサイトを運営している場合は、アメリカやヨーロッパなどに居住しているユーザーにも、購入を促進したいからです。日本人を対象となっているマーケティングは、海外SEOの必要がありませんが、海外まで事業展開したいと思っている人は、外国へ対応したコンテンツ作りが必要です。上記の理由から、海外SEO対策として多言語対応ページを作成する必要があります。

海外SEOのメリット

海外 SEO のメリットとして、

  • 海外向けのマーケティングができる
  • 安定的にできる集客が確保できる

などがあります。海外SEOは収益化を図れるメリットが多くあるため、海外事業を展開したい人は活用しましょう。

海外向けのマーケティングができる

通常のマーケティングは現地に赴く必要がありますが、海外SEOは日本で集客ができるのがメリットです。海外SEOで効果を発揮すれば、海外に出向く必要がなく、収益を上げられる仕組みが構築できます。

ウェブサイトが閲覧される機会が多くなるため、自社の認知度も高まり、収益化に繋がりおすすめです。海外で事業を展開したい人は、海外SEO対策を徹底しましょう。

安定的に集客が確保できる

海外SEO対策を行うと安定的に集客が確保できます。なぜなら、日本と同じで検索上位を安定的に取得することができると、集客も安定するからです。

もちろん、すぐにSEO対策の結果が出るとは言い切れませんが、時間をかけて戦略を練っていく中で、安定した収益を確保できます。海外SEO対策を行うと、安定した集客が確保できるのがメリットです。

海外SEOのデメリット

海外SEOのデメリットとして、

  • 失敗する可能性がある
  • コストがかかる

などがあります。上記のデメリットを理解した上で、海外SEO対策を進めていきましょう。

失敗する可能性がある

海外SEOに有効となるように多言語化を行っても、コンテンツの質が悪いと失敗する可能性が高まります。理由は、コンテンツの質自体が基盤となってSEO対策の効果が出るからです。

例えば、低品質なページを多言語化して海外SEO対策を行っても、元々のコンテンツが低評価なため、効果は見込めません。対して、高品質なコンテンツをあらかじめ用意しておき多言語化するならば、海外SEOは成功する可能性が高いと言えます。

コストがかかる

海外SEO版サイトが必要になるため、コストがかかるのがデメリットです。ある程度の言語に的を絞ってコンテンツやホームページを作るならば、コストを最小限に抑えられますが、言語の数だけホームページが増加するため、コストがかさみます。目的に応じた言語のみのホームページを作成し、不要なサイトは作らないよう意識するのが大切です 。

海外SEOの具体的な方法

海外SEOの具体的な方法として、

  • コンテンツの質を高める
  • 言語ごとで独自にURLを設定する
  • 翻訳機能を利用しない
  • 多数の地域で使用されるサーバーを選択する
  • 国のコードを使用したトップレベルドメインを取得する
  • 対象国からのリンクを獲得する
  • HTMLでlang属性を使用する
  • ジェネリックトップレベルドメインはジオターゲティングを行う

などがあります。

コンテンツの質を高める

コンテンツの質を高めるために、国内のSEO効果を最適化しましょう。具体的には、

  • 読者ニーズを分析するために、キーワード検索結果の上位10ページを網羅する
  • 使用頻度の高い語句をチェックする
  • ユーザーが手軽に行動に移せる内容になっているか(簡便性)
  • 記事の独自性や信憑性などについてチェックする

上記の項目をチェックすると、コンテンツの質を高められます。海外SEOを最適化したい場合は、まずは国内でSEOの最適化を目指すようにしましょう。

言語ごとで独自にURLを設定する

海外SEO対策を行うために、言語ごとで独自のURLを設定するのがおすすめです。理由は、ホームページを訪れた人が、サイト内容について知るきっかけにつながるからです。具体的な独自 URL を設定する方法として、

  • ドメインを国ごとに変える 
  • サブドメインを国ごとに変える 
  • サブディレクトリで分ける

上記の3つの方法があります。どの方法でも独自にURLを設定すれば、SEO効果はあります。言語ごとで独自にURLを設定するのを、忘れないようにしましょう。

翻訳機能を利用しない

インターネット上の翻訳機能を使用して、コンテンツ作成行わないようにしましょう。なぜなら、翻訳機能は直訳のため、意味の通る文章とは限らないからです。

インターネットで翻訳した文章をコピーして貼り付けるのは、自然な文章にならないケースが多く、SEO 対策としては不十分です。必ず現地の人が理解できるような、自然な文脈で解釈した翻訳を行いましょう。

多数の地域で使用されるサーバーを選択する

海外SEOを行う場合、サーバー選びも重要となります。理由は、掲載中のサイトが自国のサーバーにアップされているかが、SEO対策として重要だからです。

日本のサーバーの場合、海外からアクセス制限がかかっているケースも数多くあるからです。もし、詳しく分からなければ、多数の地域で使用されているサーバーを選択しましょう。

国のコードを使用したトップレベルドメインを取得する

各国ごとを指定したトップドメインを使用しましょう。具体的には、日本は「.jp」がトップドメインとなります。Google が検索エンジンの順位判定を行う際に、サイトやコンテンツのトップドメインをチェックし、どの国を意識して作成したコンテンツなのか確認しています。

海外SEO効果を高めるならば、国に基づいたトップレベルドメインを使用するのがおすすめです。通常のドメインでサイトやホームページを作成するよりは、国のコードを使用しているトップレベルドメインを使用する方がSEO 効果が高くなります。

対象国からリンクを得る

海外SEOは日本と異なり、外部からのリンク取得を重要としていない所に特徴があります。反対に、アジア圏や日本などの国は外部リンクの取得を重視しているSEOを主流に考える傾向があり、海外とアジア、日本の各国によって外部リンクの認識が異なります。海外SEOを行うなら、日本からの外部リンクを受け過ぎないようにした方が無難です。可能ならば所属している国の団体やパートナーサイトなどから、外部リンクを受けるようにしましょう。

HTMLでlang属性を使用する

HTMLでlang属性を使用するのも大切です。時々、ホームページやコンテンツが言語ごとに用意したページではなく、日本語のページが表示されてしまうケースがあります。上記のような問題が起こった場合に、以下のようなアノテーションタグを設置するのが有効な対処法です。

<link rel=”alternate” hreflang=”言語コード” href=”ページURL” />

指定するページを「ページURL」に、国に応じた言語は「言語コード」に入力しましょう。言語コードの具体例としてドイツ語は「de」、フランス語は「fr」となります。各国に適用した言語コードを入力しましょう。

ジェネリックトップレベルドメインはジオターゲティングを行う

使用しているドメインが、国のコードを使用したトップレベルドメインではない場合、Google Search Consoleを使用して、ジオターゲティングをする必要があります。ジオターゲティングは、どこの国をターゲットとしてサイトやコンテンツを作成したかを、検索エンジンに伝えるものです。

Google Search Consoleを使用して各国に対応したコンテンツを作成し、ターゲットとしている国をしっかりと伝えましょう。ただ、一つのサイトに複数の国を指定しないように、気をつけるのも大切です。

外国人にSEO対策を依頼する方法

外国人にSEO対策を依頼する方法として、

  • ワークシフトのサイト内で仕事を掲載して募集する
  • 外国人に4つの手順のSEO対策を依頼する

などがあります。日本人より地元の外国人の方が、キーワード調査やニーズ調査に長けている場合も多いため、外国人にSEO対策を依頼するのも一案です。

ワークシフトのサイト内で仕事を掲載して募集する

すぐに外国人のSEO対策ができる人材を求めるのではなく、ワークシフトというサイト内で外国人の人材を募集しましょう。ワークシフトは、海外進出やインバウンドビジネスなど、日本の企業が外国人をビジネス面で雇用したい時に使用するサイトを指します。

上記の募集をかける際に重要な点として、仕事内容を明確にするのが大切です。具体的な仕事内容は、

  • 1から翻訳を行う
  • SEO対策とコンテンツ作成を依頼する

上記の2通りがあります。仮に翻訳の仕事を依頼したい場合、どの言語を使用した翻訳を依頼するのかを明記しておきます。

そして、参照URLや元の文章を添付し、新しいコンテンツ作成を依頼します。コンテンツ作成の際は、依頼するキーワードや目次の設定方法、文字数、その他記事作成時の条件等を伝えましょう。

翻訳やコンテンツ作成の作業が終われば、次に校正作業に取り掛かります。文章だけではなく、画像や動画を含めたコンテンツ作成を依頼するのがポイントです。

外国人に4つの手順のSEO対策を依頼する

外国人にSEO対策の仕事を依頼する場合、

  • キーワード調査
  • 競合調査
  • コンテンツ作成
  • コンテンツ編集

などを依頼できます。キーワード調査はGoogleのキーワードプランナーを使用し、現地語で実際のニーズを調査します。また、インターネット上の表面的な調査だけではなく、現地の人の声として、生の情報を得られるのもメリットです。

次に、競合調査を行います。具体的には、選定キーワードでGoogle で検索した際に どのような内容のページが表示されているかを調査します。競合サイトをしっかり調査した上で、競合に勝てるページを作成するのが大切です。また、作成する際に、どのようなページのタイトル構成やレイアウトにするのかを決定します。

そして、実際のコンテンツ作成に取り掛かります。具体的な手順としては、

  • 日本語のページを外国語に翻訳する
  • 外国語のページをそのまま作成する

上記の2つのパターンがあります。日本語から外国語へ翻訳する場合は、まずは日本語で外国に翻訳したページを作り、次の段階でターゲット言語へ翻訳します。上記の翻訳を依頼する際は、日本語と外国語の両方の言語に精通した人材を選びましょう。②の外国語をそのまま作成する場合は、ページの意図や構成を作成者と共有する必要があります。

最後に、コンテンツ編集を行います。コンテンツ編集は、翻訳の正しさを何度もチェックする項目です。一度だけでなく繰り返しチェックすることで、現地で通用する文書かを判断します。現地の人のユーザビリティを高めるために、コンテンツの編集は欠かせない項目と言えます。

海外SEOならではの注意点

海外SEOならではの注意点として、

  • 「Test My Site」でスピードチェックを実施する
  • サーチコンソールのエラーの有無を確認する

などがあります。上記の注意点に注意して、海外SEOを行っていきましょう。

「Test My Site」でスピードチェックを実施する

海外はインターネット環境が整っていない場合も多いため、「Test My Site」でスピードチェックを実施するのがおすすめです。「Test My Site」はGoogleが提供しているツールで、自分のサイトのスピード確認ができます。「Test My Site」は、3G回線を前提としたスピードチェックを行います。

なぜなら、日本では4G回線が主流ですが、海外では3G回線が主流の場合が多いからです。「Test My Site」でスピード測定を行うことで、ユーザーエクスペリエンスの向上につなげられるため、検索エンジンの評価がアップします。 

サーチコンソールのエラーの有無を確認する

サーチコンソールを使用し、エラーの有無を定期的にチェックするのも大切です。理由は、サイト内のリンク切れが原因で、海外で検索順位を落とされる場合が多いからです。常にチェックする必要はないですが、一定の期間を決めて、サーチコンソールのエラーの有無を確認しましょう。

海外SEOの設定後に意識すべきポイント

海外SEOの設定後に意識すべきポイントとして、

  • SEO効果を測定する
  • コンテンツのリライトを行う

などがあります。上記のポイントを意識して、海外SEOをより効果的に行いましょう。

SEO効果を測定する

定期的にSEO効果を測定するのが、大切なポイントです。検索エンジンの順位は2、3ヶ月ごとで変動がある場合が多く、SEO効果の測定ができます。具体的には、検索エンジン順位とページに流入したユーザー数を調べます。

測定結果を確認し、期待していた検索順位が取れている、ユーザーの流入が行われていた場合は、効果的な海外SEO対策ができています。

対して、イメージより検索順位が大幅に下がっている、検索ボリュームに合わせたユーザーの流入数が確保できていない場合は、SEO効果が低いと考えられます。

コンテンツのリライトを行う

上記のSEO効果を測定した際に検索順位が低かった場合は、コンテンツのリライトを行う必要があります。なぜなら、コンテンツの質が悪いことが原因で、検索順位が下がっている場合が多いからです。具体的なリライト項目として、

  • 見出し
  • 文章の追加
  • 写真やイラストの追加

などを行います。リライト行って2~3週間は様子を見て効果を確認しながら、満足する結果が出るまでリライトを続けましょう。

まとめ

今回は、

  • 海外SEOの概要
  • 海外SEOと日本のSEOの違い
  • 海外SEOのメリットやデメリット
  • 海外SEOの具体的な方法
  • 海外SEOならではの注意点
  • 海外SEOの設定後に意識すべきポイント

などについて紹介しました。海外SEOという言葉のイメージから、日本のSEOと全く異なる印象がありますが、根本的な部分のコンテンツの質を大切にしている、ユーザビリティが高いコンテンツづくりを行うなど、日本のSEOと類似している部分が多くあります。

また、一口に海外SEOと言っても、サーバーや言語設定などの細かな設定が必要です。本記事で取り上げた内容を参考にして海外SEO対策を徹底して行い、海外事業やマーケティングを展開していきましょう。海外SEOも日本のSEOも基本は同じです。もし、SEO対策の初心者であれば、「SEOとは」を初心者でもわかりやすくまとめました【2022年最新】の記事を一度読んでから海外SEOの記事を読むと良いです。